TEL:052-262-3211お問い合わせ

受取配当金の益金不算入

おはようござまいます。

名古屋の税理士の丸山です。

最近、受取配当金の益金不算入額の改正が多いです。

どの区分が、何割が益金不算入になるのか、所得税額控除との関係等をまとめてみました。

注意が必要なのは、完全子会社などを作った場合に、直ぐに配当をする場合です。

M&Aなどで会社を購入した場合、他社から株式を集約させて完全子法人を作ったあとに

直ぐに配当を行ってしまうと、その配当については配当計算期間の全部において100%を保有して

いないため、その他株式になってしまい、益金不算入割合が50%となってしまいます。

そのため判断の順番としては下記のように順番になります。

受取配当金の益金不算入額の規定は、使い勝手がよく、関係会社間での資金移動などでよく活用されます。

使ったはいいが、思わぬ課税にならないように、事前に確認をして有効に使いたいものです。

関係会社間の税務相談、受取配当金の益金不算入額のご相談は丸山会計事務所まで

お問合せください。

お気軽にお問い合わせください